頭脳を鍛え、それぞれの世界へと羽ばたこう!

代表挨拶

日本では、サッカーや陸上など肉体の極限を競うスポーツは盛んなのにもかかわらず、頭脳の極限を競うブレインスポーツはあまり馴染みがありません。そのため多くの選手が個人や小さな集団で練習しており、力が発揮できていないのが現状です。

私にはそんな状況を打破するために、様々な頭脳のスポーツの環境を整えレベルアップを計り、世界で通用する選手を育成したいとの夢があります。そして選手たちには、競技で良い結果を出すだけでなく、競技を通して世界中に老若男女問わずたくさんの仲間や友人作り、選手それぞれの世界や視野を広げ、それぞれの人生を豊かにしてほしいという思いがあります。

個人的な話になりますが、私は今回ブレインスポーツアカデミーというブレインスポーツ専門のスクールを開講しましたが、私自身現役のメモリースポーツの選手です。

そんな私も大学二年生まではごく普通の学生でした。ある晩アルバイトから帰ってテレビをつけるとNHKのとある番組で”世界記憶力選手権”を特集した番組を放送していました。その番組を見た私は稲妻に打たれたような衝撃をうけました。今でも世界トップレベルで活躍する選手たちの多くがその番組に出演していましたが、私はなんとなく数年後にこの選手たちと同じ世界記憶力選手権の舞台で戦っている姿が想像でき、このメモリースポーツを今すぐにでも始めなくてはいけないと感じました

その日以来、学校やアルバイトに行く以外の全ての時間をトレーニングに費やし、その約1年後には記憶力日本選手権では準優勝を果たし、さらにその約1年後には日本代表として中国で開催された世界記憶力選手権に参加し、その数ヶ月後の記憶力日本選手権では優勝し日本チャンピオンになりました。番組を見て約2年後に番組で見た世界トップレベルの選手たちと肩を並べて戦うことができ、日本チャンピオンにまでなることができました。

今ではメモリースポーツは世界中に広がり毎年世界で40以上の大会が開催されるようになりました。私もその中のいくつかの大会に毎年参加をしています。私はメモリースポーツを通して、多くの大会で良い成績を得ることができただけでなく、学校の勉強や趣味の語学学習も楽になり、世界中に多くの友人たちができました。

当スクールはメモリースポーツだけでなく、様々なブレインスポーツのコースを開設いたします。どのブレインスポーツをやっても、様々な側面でみなさんの生活を豊かにし、視野や生活環境を広げてくれることは間違いありません。皆様が当スクールに入校し、今よりも生き生きとした自分らしい生活を過ごせるよう、それぞれの目標を達成できるよう全力でサポートさせていただきます。

「頭脳を鍛えそれぞれの世界へと羽ばたこう!」をスローガンに全力で取り組んでまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

ブレインスポーツアカデミー代表
青木 健

PAGE TOP