メモリースポーツって知ってる?

メモリースポーツ

◆メモリースポーツって何?
ずばり!記憶力を競う競技です。記憶力競技とも呼ばれます。主に短期(中期)記憶を競う競技でトランプ記憶や数字記憶、顔と名前記憶など様々なジャンルの記憶力を競う競技です。
もともと10種目で競っておりましたが、近年メモリースポーツが広まるにしたがってパソコンを使って1VS1で対決する形式のMemory League(メモリーリーグ)や短いバージョンの5種目の大会、スピードカード(5分以内でトランプを記憶する種目)のみを競う大会などがあります。

◆海外では?
世界的に見ると10種目で競う大会がスタンダードになっていますが、10種目はなかなか練習するのはかなり大変なので中上級者向きですね。
世界中で外国人選手も参加できるオープンな大会も開催されているので、日本人も海外の大会にも参加できます。僕も過去に韓国や台湾、中国やオーストラリアなどいろいろな国の大会に出場したことがあります。
試合で上位入賞したり新記録を出すのは嬉しいですし何よりも楽しいですが、それ以外にも外国人の選手と友達になったり、大会後の観光や打ち上げや飲み会が楽しかったり、競技だけではない楽しさがあります。
お隣の韓国なんかでは参加ハードルを下げるために5種目(スピードカード・スピードナンバー・顔と名前・単語・イメージ)が主流になっています。

◆日本では?
1VS1で1分間の短い時間で戦うMemory Leagueというオンラインサイトがありますが、Memory Leagueには日本人プレイヤーがとても多いです。手軽に始められるので個人的にはMemory Leagueがおすすめです。
制限回数がありますが無料でもプレイできるので遊び間隔で遊べて楽しいですよ。
この辺の魅力はHiroさんが超わかりやすく書いてくださっているのでHiroさんのサイト(記憶の宮殿を歩く)を見てみてくださいね。
記憶の宮殿を歩く
http://memory-kioku.com/memory-league/

Memory Leagueを使用したJapan MLCやOsaka MLCという大会も開催しました。
Japan MLC 2018の動画はYouTubeで公開しているので見てみてください。

Japan MLC 2018

Japan MLC 2018 本選決勝 Final Tournament

他にも今年からSCC(Speed Card Challenge)というスピードカード(トランプ記憶)のみを行う大会も新設します。SCCであればトランプのみ練習すれば良いので気楽に参加できます。また各大会での上位表彰だけでなくランク制度なども設けているので、初心者から上級者まで楽しめる大会になっています。
詳細は日本メモリースポーツ協会のホームページに記載されているので、ぜひご一読ください。6月16日の大会には僕も選手として参加しますよ!

SCCについて
https://www.jmsc.info/what_is_scc/

今の所MLCとSCCについて紹介しましたが、もちろん海外で主流の10種目のジャパンオープンや奈良県の大和郡山市で毎年開催されている5種目の独自のルールで行なわれている記憶力日本選手権大会というのもあります。そちらの大会は最も歴史が広く2005年から開催されています。記憶力日本選手権大会は参加しても独自のルールで開催されているため世界ランキングや日本ランキングには反映されない大会になっているので、ご注意ください。


各種大会の参加難易度もつくってみました。
完全に個人的な考えですが、ある程度の参加の目安にはなると思います。
ということでメモリースポーツをざっくり説明するとこんな感じです。あんまり難しく考えず、気軽にメモリーリーグから始めてみることをおすすめします。意外に記憶する楽しさにハマるかも!

コメント