メモリースポーツのトレーニングサイト一覧

メモリースポーツ

「メモリースポーツをやりたいけど、どうやってトレーニングをしたら良いのかわからない。」という話や「良いトレーニングサイトはありませんか?」という質問をうけることがあります。そんな方におすすめのサイトがあります。
個人的に使ってみてよかったサイトなどを紹介し、5つ星で評価します。

・Memory League  おすすめ度:★★★★★+★★

URL:https://memoryleague.com/#!/home
メモリースポーツの練習をする上で圧倒的に一番おすすめできるサイトです。
5つ星評価ということなのにいきなり、5+2つ星になりましたね。笑
5種目(カード・数字・単語・イメージ・顔と名前)の練習が可能で、「記憶:1分 回答:4分」という1種目5分で練習できる手軽さが素晴らしいと思います。レベルも1〜10まであり、自分のレベルがアップしていくというもの良いモチベーションになります。
練習モードだけでなく、対戦モードや観戦モードもあり、オンラインバトルやオンライン大会また対決をライブで観戦できるのも非常に面白いです。
レベルアップや対戦によって決まるオンライン世界ランキングもあり、オンラインゲームとしても楽しめます。レベル5以下は1日10回まで、それ以上は3回まで無料ででき、年間3000円ほどで無制限プレイでき低価格でほしいサービスのほぼ全てがそろう非の打ち所のないサイトになっています。日本語にも対応しています。

・Memo Camp  おすすめ度:★★★☆☆

URL:https://memocamp.com/en
Memory Leagueは「記憶:1分 回答:4分」という独自のシステムをとっていますが、こちらは10種目向け5分のショート系種目から60分のロング系種目の練習にも対応しています。
しかし日本語対応していないため、日本語での顔と名前や単語、年号の練習はできません。またホームページもうまく英語になっておらずドイツ語表記になっている部分もあるので、操作性はあまりよくありません。しかし5分イメージやスポークンナンバーの練習ができるサイトはかなり限られているので、他に選択肢がないというのが現状でしょう。僕自身はスポークンナンバー、二進数、スピードナンバー、イメージの練習を中心に使用しています。
値段は1年契約で60ユーロ(約8,000円)とMemory Leagueと比較すると少々高いです。

・IAM training mode おすすめ度:★★★☆☆

URL:http://www.iamwmc.com/competition/training.html?fbclid=IwAR3mvxMbMa2R2LUUBEA2yc8Iyrez1PzDfUSD_ZDb_4YFrt8MjNlMikW20Rs
世界団体であるInternational Association of Memory(IAM)の公式トレーニングサイトです。スポークンナンバー以外の種目が練習できます。こちらも日本語対応していないため日本語での顔と名前や単語、年号の練習はできません。無料なのでお金をかけず練習をしたい方にはおすすめできます。

・Art of Memory  おすすめ度:★★☆☆☆

URL:https://artofmemory.com/training/?_ga=1.56299244.676992862.1481365132
練習できる種目の幅は広いですが、スポークンナンバーの音質がイマイチ、数字記憶ではタイマーやリコールがないなどイメージ変換の練習には良いがサイトとして少し中途半端な印象。

上記のものは全てPCメインのサイトでしたが、トレーニングのできるアプリもあります。

・기억력스포츠 online おすすめ度:★★★★☆

Google Play
URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=kr.kmsa.online.app&hl=ko

Apple Store
URL:https://apps.apple.com/kr/app/%EA%B8%B0%EC%96%B5%EB%A0%A5%EC%8A%A4%ED%8F%AC%EC%B8%A0-%EC%98%A8%EB%9D%BC%EC%9D%B8/id1435207740

韓国メモリースポーツ協会会長のチョン・ケウォン氏が開発したアプリです。メモリースポーツの基本であるトランプ記憶と数字記憶、そして練習材料の少ないイメージ記憶のトレーニングが可能です。トランプと数字イメージ変換にどのくらいかかるのか図れるタイムアタックモード(타임어택:タイムアタック)トランプ記憶と数字記憶、イメージ記憶のできる訓練モード(훈련하기:訓練する)の2種類があります。機能としては外出時などに簡単にでき、操作性が良いのが特徴。シンプルなので配置を覚えてしまえば、問題は問題ないですが、欠点は韓国語でかかれているので使用のハードルが高いこととイメージ記憶の練習の画像の表示が遅れることがあることでしょう。その2点以外はスマホアプリとして満足できる内容になっていると思います。

トータルで考えるとMemory Leagueが圧倒的におすすめです。基本のオンラインのトレーニングはMemory Leagueで行い、10種目の練習をオンラインで練習する必要があればMemo Campを使用することが良いと思います。
僕が見落としていて「こんなサイトおすすめです!」というのがあったら教えてくださると嬉しいです。

コメント