海外の大会の出場の仕方について

メモリースポーツ

メモリースポーツは今となってはだいぶ国内大会が増えてきましたが、大きな大会に出場するとなるとやはり海外が主戦場です。
日本人選手の中には、海外に行かれたことのない方や英語が苦手な方もいらっしゃると思います。「そもそもどうやって選手登録をするんだよ?」なんて疑問を持たれる方もいるでしょう。
ここで海外の大会への出場の仕方を簡単に説明します。
BSAのようなクラブやサークル、チームなどに所属している場合は、クラブ内の責任者などに聞いてみるのもありかと思います。

・海外の大会の情報について
メモリースポーツ業界は急激な発展に伴い団体の分裂が続いており、世界レベルの団体では現在 World Memory Sports Council(WMSC)、International Association of Memory(IAM)、Global Alliance of Memory Athletics(GAMA)の3つの団体があります。
歴史的な経緯などは別の記事で書いていきたいと思うので、ここでは触れません。
大会の情報は各団体の公式ホームページでも確認できます。
日本メモリースポーツ協会は、3つ全ての団体との提携を結んでいるので、
日本代表選手を選抜するような大会などは、ホームページなどにも掲載されることもあります。

World Memory Sports Council(WMSC)
http://www.worldmemorychampionships.com/

International Association of Memory(IAM)
http://www.iam-memory.org/

Global Alliance of Memory Athletics(GAMA)
http://www.global-memory.org/

日本メモリースポーツ協会
https://www.jmsc.info/

しかし海外の大会には大小様々な規模の大会が行われており、全ての情報が必ずどこかのホームページに掲載されているわけではありません。

ではどこで情報がやりとりされているのかというと多くがfacebookです。
World Memory Championships
https://www.facebook.com/groups/123077091106550/?ref=bookmarks

こちらのリンクではあらゆる団体の大会の情報を誰かが上げてくれることが多いです。
※ただし書き込みのほとんど全て英語です。
私も2011年に初めて世界選手権に出場した時はfacebookのグループがあることを知らず、
何の情報も手に入れられずヨーロッパ選手勢のボイコットの事実を知らず大会に参加することになった経験があります。
ですので、個人で活動されている選手は、こちらのグループに入っておくと良いでしょう。
今ではHiro選手や平田選手、和田選手などもブログを書いていたり、Twitterで発信などもしているので、日本国内のトップ選手のSNSをチェックしておくのも良いでしょう。

・海外の大会の登録の仕方
招待制の大会や自分が招待選手である場合を除いて、ほとんどの大会は事前登録のシステムを取っています。
自分が参加したい大会の情報をfacebookやホームページ、Twitterなどで見つけたら、そこからアクセスをして選手登録をしましょう。
登録の流れや参加費の支払いなどは大会などによって異なるので、流れに沿って登録をしてください。

ここで近々で開催されるアジア選手権を例に見ていきましょう。
大きな大会ではほとんど場合ホームページやブログなどがあります。
アジア選手権のホームページ

https://memorysports.id/championship/aomcbali/?fbclid=IwAR3RGim5vqvAJuljKCHES8KFnoMShejr3vZ3MZ5FmfIHYyAsigG0OcLHgtM

ホームページに行くと選手登録ページ(International Registration)あるので、そこをクリックしましょう。日本人選手はあたり前ですが海外に行けば外国人です。中国人選手は競技人口が多いため参加希望者多数の場合は独自で予選を組まれたり、人数が制限される場合があります。そのため登録フォームは別になっています。
必要事項を入力し、登録が終わったらPaymentをクリックし参加費の支払いを済ませましょう。支払いは忘れがちになるのでご注意ください。
大体の場合は登録が完了するとメールが届きます。参加が完了しているか不安な場合はお問い合わせフォームから問い合わせてみると良いでしょう。
※ただし海外の大会の場合は、英語で問い合わせる必要があります。

・飛行機の予約
大会に登録をしたら飛行機を予約しましょう。どこの都市で大会をやるのかにもよりますが、日本は島国なので飛行機移動が必須です。
僕がよく使用するのはExpediaです。レガシーキャリアからLCCまでいろいろ検索できます。
Expedia
https://www.expedia.co.jp/

マイルを使って飛行機に乗る場合は、マイルの持っている航空会社のサイトからとることもあります。僕はANAとJALのマイレージ会員なので、ANAとJALのサイトから予約することもあります。
実際に10月のアジア選手権のチケットはJALのサイトから予約をしました。
JAL
https://www.jal.co.jp/

ANA
https://www.ana.co.jp/

・ホテルの予約
大会会場の情報が公開されたら、ホテルを予約しましょう。大会はホテルで開催されることもあったり、アジア選手権や世界選手権レベルの大きな大会ではスポンサーになってくれる大会もあります。その場合通常よりもはるかに安いレートで泊まれることもあります。
またスポンサーになっていなくても大会主催者が近くのホテルをオススメしてくれることもあります。もしわからなければ大会主催者に問い合わせても良いですし、めんどくさければ大会会場をGoogle Mapなどで調べてその近くのホテルを予約するというのもアリです。
ホテル予約サイトも数多ありますが、僕は飛行機と合わせてExpediaかじゃらんなどを使うことが多いです。
じゃらん
https://www.jalan.net/

・パスポート取得と期限、ビザ取得についての確認は忘れずに!
ここまで済んだら基本的に登録手続きは完了です。
あとはパスポートを持っていない人はパスポートを取りましょう。期限にも気をつけてください。国によって有効期限失効日から半年以上ないと入国できない国もあります。
日本のパスポートは、世界で見ても類を見ないほど恵まれており、ほとんどの国でビザなしで渡航できます。(仲の良い中国人選手や韓国人選手からは羨ましがられます。特に中国はビザの申請が下りず大会に参加できないという話もよくあります。)
しかし、オーストラリアやインドなどはビザの申請が必須なので、訪問する国の情報を調べてビザなしで入国できるのか、旅行と合わせて行く場合はどのくらいの期間までいることができるのかの確認する必要があります。この点はご注意ください。

コメント